技術概要

弊社技術は、画期的な触媒粒子を使い、摩耗により流出した鉄イオンを部品表面に再結晶させ修復し、機械性能や寿命を回復させる技術です。(RVS TECHNOLOGY)

 

機械部品の擦動面では、摩擦のエネルギーによって部品表面の鉄分子が電子(マイナスイオン)を失ってイオン化(Fe2+)し、流出してしまいます。このことが部品の摩耗となり、機械性能の低下や機械寿命を短くします。

 

 

鉄の摩耗とは

機械部品の擦動面では、オイルの皮膜が鉄の部品表面をコーティングして、部品同士が直接触れないように摩擦から守っています。

 

一見滑らかに見える部品表面も、ミクロ単位では小さな凹凸が無数にあります。

鉄の摩耗範囲に油膜切れを起こすような大きさではありませんが、ごく小さな突起同士がオイルの皮膜を突き破ってぶつかることが有ります。

 

高速で激しく運動している機械部品の擦動面では、高い圧力が発生し、また、ごく小さな突起同士がぶつかって破壊されるようなとき、ミクロ単位の非常に小さなエリアでは900℃から1000℃を超えるような高温が発生します。(壊れて鉄粉が発生するような大きさではありません。)

 

そういう場所では鉄分子から電子が飛び出して鉄イオン(Fe2+)となって部品表面から飛び出し、オイル中に流れ出しています。そうやって部品表面の鉄が少しずつ失われ摩耗して行くのです。

鉄の再結晶化

スラッジの洗浄

【STEP1 スラッジの洗浄】

 

RVS粒子を機械部品の擦動面に注入すると、隙間に約5μ~8μの粒子がさらに細かく砕かれながら入り込み、その過程で大量のマイナスイオンを発生させます。すると、通常はプラスに帯電しているエンジンの部品正面がマイナスに帯電します。

スラッジはもともとマイナスに帯電しているため、通常は部品表面と密着していますが、部品表面がマイナスに帯電することによって、磁石のS極とS極、あるいはN極とN極がたがいに反発するようにスラッジが分離し洗浄されます。

【STEP2 鉄の再結晶化】

 

部品表面がきれいに洗浄されると浮遊していた鉄イオンはRVS粒子が発生させたマイナスイオンを取り込み、元の固体の鉄分子に再結晶化し部品表面に戻ります。

鉄の再結晶化メタライザーの粒子そのものには鉄は含まれていませんが、触媒のような働きをするので

ごく少量で鉄を再結晶化する反応を引き起こします。

 

また、再結晶化の反応を起こすには、摩擦で生じた熱エネルギーが必要です。

そのため、摩擦の多いところから優先的に反応が起こり部品表面の微細な隙間を埋めて行きます。鉄の戻った表面は、顕微鏡写真でわかるとおり非常に平滑な状態になります。

平滑な状態になった部品表面では摩擦が減るため熱エネルギーが減少し必要以上の反応を

起こしません。

摩擦の多い部分を選択的に修復してゆくので最終的には部品同士の隙間の大きさは理想的なバランスを保つようになります。

 

 


 

 

【部品表面(カム)の電子間力顕微鏡写真】

修復前後表面比較写真

 

【表面の粗さ】

修復前後表面の粗さ比較写真

 

 

【内視鏡撮影によるエンジンのシリンダー内部の比較(ローバーミニ 走行距離約14万km)】

 

 

内視鏡撮影によるエンジンのシリンダー内部の比較

その時の写真と約2000km走行後のシリンダー内部の比較が下の写真です。

内視鏡写真

メタライザーの洗浄効果によりシリンダー内部の汚れが落ち、

クロスラインはっきりが見えるようになりました。

メタライザー処理後2000km走行しています。オイル交換はしていません。